読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツでゲット! ファミコンミニ(NINTENDO classic mini 欧米版)

 先週出ましたファミコンミ二。30年前のゲームが今再び蘇る。すごい売れ行きで入手が困難なようです。これは全世界的な現象で、ここドイツのキールという小さな街でもソールドアウト、アウトオブストックなのです。

 私はいい加減いいおっさんなのですが、まさにファミコン世代でして、ま~コレクションか思い出に一個買っとこうかと、先週の発売日に買いに行きました。ところがどこも予約分で終了とのことで、やむなく最後によった電気屋で予約して帰りました。

 ネットで調べてみると、日本や米国ではではちょろちょろと出荷はされているようで、買えたという報告が上がっています。ですがヨーロッパの動向がなかなか引っかからない。一方でクリスマス前までバックオーダーは解消されないという情報も出回っておりました。

 ところが昨日の金曜日、ツイッターで欧州でも再出荷が始まったという情報が出てきました。慌てて近所の電気屋へ行きましたが、やはり在庫なし。やむなくまたそこでも予約をしました。前の予約と違う店です。すなわち二台予約しました。ここでは、運が良ければ今年中、多分来年と言われました。のんびり待とう。

 で、本日土曜日、買い物で駅前のショッピングモールにいたところ、電話が。最初はドイツ語で言われてなんの事かわからなかったのですが、どうも最初の予約が取れたみたい。

「あなたの分1台だけあります!」

と言われました。都合の良いことにそこは歩いて1分以内の所でした。

「分かりました、1分以内に行きます!」(中年のおっさん、私のことである。)

で、店に行くと

「おー、ミスターはっしー、ほんとに1分で来ましたね。楽しんで!お支払は下の階です。良い一日を!」

「ユートゥー!」

ということで、思いの外早く手に入れることができました。

買い物の後、どうしても今日中に進めねばならない実験があるので、大学に来ています。ちょっと今実験は放置中で様子見でこれを書いています。

多分、古いゲームはすぐ飽きると思います。思い出は美しいものですね。

 もう一台も手に入れば買っちゃおうかと考えてます。日本で売れば高く売れるかな?