読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無事戻りました

 先週金曜日にラサー北京ー羽田で日本、土曜日に高知に無事戻りました。
チベットではお寺めぐりと地質巡検で大変楽しめました。インドとアジアの衝突帯がばっさりめくれあがっているような感じで、オフィオライトと片理の発達した前弧海盆堆積物、火成岩などの大規模な露出がこれでもかと迫ってきました。岩石のほとんどは四国で見たことがあるものばかりですが、規模が全く違いました。見渡す限り玄武岩!とか、どういうことなのでしょうか?しかし、火成岩にしても変成岩にしても堆積岩にしても四国でほぼすべて見ることができるということもすごいことなのだと、かえって四国の地質的な豊かさを知ることになりました。
 お寺の方ではチベット仏教ともいうべき、見たことあるようなないような、日本と異なる仏教にも興味深いものがありました。現地の方々は信心深く、民族衣装を着続けて毎日お参りを欠かせない人々がたくさんおりました。欲を捨てて心の安寧を求める、天国地獄人間界動物界植物界はすべて繋がっており、肉体は自然に帰るという考えで、よく理解できます。鳥葬が現在も行われているのもこの思想に基づいているようです。これはちょっと理解できませんが。
 帰ってきた土曜日は、高知の土曜夜市の始まりの日でした。自分も日本の文化を大事にしようと、浴衣を着て娘と出かけました。大人の男で浴衣を着ているのを見たのは自分の他に一人だけでした。
 今日から久々の大学出勤。処理する書類が大量です。ゆっくりやっていきます。