読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけましておめでとうございます

 新年明けましておめでとうございます。2016年が始まりました。

 先月28日から帰省し、前半は妻の実家、後半は自分の実家におりました。例年通り、妻の実家では買い物と餅つき、自分の実家では買い物とスケートでまったりいたしました。仕事は全くせず。全くです。よく食べよく飲みよく遊びよく寝ました。大変充実した帰省でありました。

 今年はやや趣向を凝らして、新年の書き初めなぞをやりました。娘が書道と硬筆をやっておりまして、上手になったのを自慢したかったみたいです。それを真似して4歳の姪っ子が初書道?
 娘は「初もうで」とか「て」とか「な」とか書いておりました。思ったより上手ではない。姪っ子は「ドラミちゃん」「ドラえもん」などを書いておりました。4歳にしてはうまい!
 で、僕は二人の合間をぬって二枚だけ書けました。「獨逸留学」です!

 学内のサバティカル制度というがありまして、これを使うと1年間留学できます。過去に本制度を利用してから6年以上経過している、その間の学内評価でA以上が3回以上、などの条件がありますが、この条件を満たしている人はかなりの数いると思います。この制度は7−8年前からあったと思います。今回、私が本制度を利用した初めての例になるそうです。おそらく、教育コースの説得と理解が最大のハードルだからだと思います。私の所属する教育コースの先生方の中には快く思っていないかたも少なからずおられるかと思いますが、それでも行っても良いと許可を下さりまして、大変ありがたい思いです。

 本サバティカル制度には、渡航費・滞在費の特別なサポートはありません。給料を保証するのみです。娘が6年生になり、友達と卒業したいということで、今回は単身の渡航となります。お金がかかる。

 ということで、本年はますます気張っていこうと思います。
本年もよろしくお願いいたします。