読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀行口座開設2

 翌日、10時の約束まで家でメール仕事。10時に間に合うように家を出ました。

 銀行に着くと待合場所へ。この銀行は本店だからか待合場所に赤い二人掛けソファーが置いてあり、スタンディングテーブルが5個くらい間を空けてまばらに立っている広い空間で、担当者と立ち会いで応対します。ソファーで座って待っていると空いた担当者がやってきて「さて、次はどちらのお客様でしょう?」といった具合です。

 私が行くと、すぐに担当者が対応してくれました。

「あなたは予約をした方ですね。ちょっと待っててください確認します。はい、ありました。こちらにどうぞ。」

付いていくと、15歩くらいで別の待合場所に。

「コーヒー紅茶いかがですか?」

「コーヒーください。」

「ミルク、砂糖はどうしましょう?」

「なしでいいです。ブラックで。」

と、コーヒーをいただきました。

「すぐ担当者が来ますから、ここでお待ちください。」

 コーヒーを一口すすると、すぐ担当者がやってきました。

「◯◯です(覚えきれない)。こちらにどうぞ。」

と言って、個室に招かれます。

いろいろと説明を受けましたが、基本的には一月7.5ユーロの手数料が取られるとのこと。振込やATM、ネットバンキング等使い放題です。一方安い2ユーロのものもあるらしいですが、カードを作ると別料金、一回の振込やATM使用で別途手数料が取られるということで、全て込みで7.5ユーロがオススメです、とのこと。

「じゃ、それでお願いします。」

「では、これからデータを打ち込んでいきますね。」

とパスポート、住民登録証からデータを打ち込んでいきます。

その間に話しかけてきます。

「ドイツの生活はどうですか?日本と違いがありますか?」

「やっぱり食べ物ですね。ソーセージとビールが美味しいです。」

「パンもいいですよ。試してみてください。」

「あー、パンも美味しいですね。」

「それから、ビールがお好きでしたら今日からちょっと先で小さなブリュワリーが沢山集まった効きビールイベントがありますよ。私たちは仕事の後みんなでいきます。」

「おー、それは楽しそうですね。」

と言っている間に、書類がバンバン出てきています。

「はい、これは口座開設の書類、サイン願います。次は履歴監視の承認、サイン願います。次はオンラインバンキングの承認、サイン願います。・・・。」

と、次々とサインしていきます。

「はい、これであなたのアカウントができました。カードは10日ほどで郵送されます。オンラインバンキングはすぐ使えます。使い方をお教えします。」

手元のiPhoneワンタイムパスワードを出す仕様でした。面倒くさいけど、仕方ないです。

「何かあったらいつでもここに連絡してください。」

と名刺をもらいました。

「もし今日現金を入金するようでしたら、別の窓口にご案内いたします。」

「はい、入金します。」

「では、行きましょう。」

と、行ったのは、先日ゲストハウスの賃料を振り込もうとした場所でした。

「では、私はここで。ありがとうございました。良い一日を。」

「ダンケシェーン、あなたも。」

入金もすぐ終わり、職場へ行って、試しにオンラインバンキングを見てみると、すでに入金が反映されていました。

 手数料がやや高いけども、仕方ないですね。帰国するときには解約するか2ユーロのものに変えてもらおうかな。無料のオンラインバンクにも開設しようかとも思っています。

 明日から学会でウィーンに飛びます。朝早いし、初めて使うバスでハンブルクまでいくので、ちょっと緊張しています。が、楽しみです。