読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知龍馬マラソン無事完走

 昨日、高知龍馬マラソンに参加しまして、なんとか無事完走いたしました。
 今回は前回に増して装備を充実し、膝に結構しっかりしたサポーターを巻いて、心拍数モニターを付けて、塩飴、ブドウ糖アミノ酸パウダーを持って走りました。また、昔買ったiPod nanoでラジオを聞きながら、気分を紛らわしました。腕時計はiPhoneブルートゥースで連携してGPS距離計と心拍が手元で確認できる新型です。
 今回は7700人近くの参加者とのことで、去年より2000人ほど多い予定でした。結局は6500人くらいだったようですが。
 去年の記録を申告していたので、スタートは最後尾。今年はスタート地点が300mほど東へずれて、全員が電車通りに直線的に待機できました。去年は商店街の横道で待機でスタートがよくわかりませんでした。
 とりあえずスタート!スタートのゲートをくぐるまでほとんど歩いて6分かかって、そこから徐々に走れるようになりました。しばらくして沿道の妻と娘の応援を受けて、長い長いフルマラソンが始まりました!
 とりあえず心拍が160を越えないように気をつけながら、できるだけ体力を温存するような走りに徹しました。順調にキロ数を進めていると、5キロくらいで尿意が・・・。去年と同じです。スタートして間もなくなのですが、意外とトイレが混んでいて、去年の裏技的なガソリンスタンドのトイレを目指しました。そこは給水所とトイレが手前にあって、隠れた穴場なのです。案の定、ほとんど人がいないトイレですぐに済ませることができました。
 それから順調に走って行くと、11キロあたりでまたしても尿意が・・・。結構ペースを落としているので、あまり汗をかかなかったからかもしれません。やむを得ず、結構人が並んでいるトイレに。ここで3-4分ロスしました。
 まだまだ順調、順調。ついに20キロの浦戸大橋にさしかかりました。浦戸大橋はこのマラソンの名所で、浦戸湾を渡る巨大な橋です。かなり上りがきつい。しかし、これを越えると龍馬の像で有名な桂浜、太平洋が広がる花街道です。花街道に入ってすぐにハーフポイント。ここまでで2時間半ほどかかりました。こないだの茂平マラソンよりも早いペースで来てしまいました。相当ペースを落としているつもりなのにどうしたことか、と思っていると急に足に来て、23kmほどから歩き始めました。頭の中で考えることは、このまま歩いてもゴールできるかなぁ、ばかりです。とりあえず歩いて1km何分かかるか測ってみようと思い、歩き通しましたところ、キロ10分くらいかかります。これは、歩いていてはゴールで来ない。ということで、走れる範囲で走ってみることにしました。頑張ればキロ8分。ちょっと怠けるとキロ9分。このあとは、歩いては走り、歩いては走りで、なんとかキロ8分をキープしようとして、1キロずつ刻んで行く走りに徹しました。
 ところが、去年の後半の思い出に比べて意外と走れます。頑張れば走れるんじゃないか、と走り出しては、やはり足痛いな、で歩き、また走り・・・。30キロ付近になると周囲に見覚えのあるメンバーが固まっていて、抜きつ抜かれつのレベルの低いデッドヒートが繰り広げられます。と思えば、ずいぶん前に一旦突き放された人にいつの間にか追いついたりもします。面白いですね。やはり去年と違って後半の余力がややある。頑張れば走れる気がする。とにかくちょっとずつでも時間を削ってなんとか昨年の記録を越えられるか?
 最後の5kmほどで、このままキロ8分をキープしても去年の記録を越えられないことが分かってきました。どう考えても去年より後半走れているのだが、去年は前半が早かったようです。二度目のトイレも悔やまれます。ゴールの競技場前の長い坂道も半分ほど走れました。トラックに入ってからは、最後の気力を振り絞って歩かず走り通し、10人ほど抜きました。そして、なんとかゴール!無事完走いたしました。記録は号砲から5時間45分。スタートゲートから5時間39分でした。去年はスタートゲートから5時間37分だったので、まぁほぼ同じタイム。二回目のトイレがなければ、去年の記録をちょっと抜いていたと思います。残念。
 今年は会場の混雑が分かったので、妻と娘の会場でのお迎えはなしでした。ダメージは去年ほどではなかったので、なんとか着替えて送迎用のバスに乗ることができました。高知駅で妻に車で拾ってもらいました。車で5分ほどの場所ですが。
 妻の計らいで晩ご飯は鰹のたたきと刺身、ビール二本と大盤振る舞いでした。他にもチーズやさきイカ、柿ピーなど普段なら太るから止めとけと言われるようなものまで出してくれておりました。タタキと刺身で腹一杯になり、他のつまみには手が出ませんでしたが。
 体重を測ってみると一気に2キロ弱減ってました。食べてから測ってももこれまでの空腹時程度。ダイエットにもなりました。
 来年も走ると思います。去年は走り終わったとき、フルマラソンはもういいかなと思っていましたが、今年はまだまだ行けたなぁ、という印象です。