読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

米国出張

 今、成田です。American Geophysical Unionという国際学会に参加のため米国へ出張です。1週間ほど。
 米国入国にI-91だったかの入国カードがなくなった代わりにESTAという電子事前登録のようなものが必要になりました。5、6年くらい前からでしょうか?確か米国留学中にできた制度で帰国したときは知らず、次の米国出張で慌てた記憶があります。そのころはまだESTA登録は無料(今は14ドル)で、代理登録業者があたかも正規登録窓口のような顔で登録を促し、意図しないサービスにお金をはらうようなことが起こっておりました。僕もすっかりだまされた口で、あとから返金をしてもらったりしました。
 ESTAは4−5年ほど有効で、今回はまだ大丈夫だろうとタカをくくっておりました。今年9月に米国出張した記憶も新しいし。今回初めて米国へ行く学生には口を酸っぱくしてESTAを取り忘れるなと言っておりました。ま、期限が切れていても、米国の入国審査の時に裏部屋に連れて行かれて時間がかかる程度だろうと思っていました。家を出るときに、妻に、
「あ、そういえばESTA大丈夫かな?大丈夫かどうかチェックすることすら忘れそう」
「3時くらいに忘れないようにメールするわ。」
という余裕ぶっこいたやり取りをしてました。
 で、高知空港。ちょっと早めに着いて余裕のチェックイン。国際便の分もチェックインできるというのでお願いしたところ、青い顔をした係員さんがやってきて、
「お客様、ESTAがきれています・・・。」
「あ、じゃ、今から登録すればいいですか?」
「いえ、お客様、ESTAは出発48時間前に登録するのが原則でして、それがないと、こちらでは国際線のチェックイン・発券できません。」
「・・・がびょーん(言ってない)」
「ひとまず、ここですぐ登録していただいて、成田でいけるかどうか、確認お願いいたします。」
ということで、iPhoneESTA登録。画面がちっちゃいし、キーも小さい。慌ててて手が震える!なんとか国内線出発前に登録完了!羽田に無事到着。
 どうなるか分からないので、急いで弁当を買い、成田行きのバスに!すぐに成田のカウンターに行きました。
「あのー、高知でESTAを登録したばかりな・・・」
「あ、大丈夫ですよー、通ってますんでー。」
とか、すんなりオッケーでした。

みなさん、ESTAは出発7時間前でも大丈夫です。というか、チェックイン4時間前で大丈夫ですよー!!!
こういうのもうやめたい・・・。