読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地質学会・台風の中、帰高

 先の三連休は仙台で日本地質学会があり、ほぼフル参加いたしました。
 地質学会でないとなかなかお話しできない方と多く話すことができて、大変有意義なものになりました。発表もまぁまぁよくできたかな。

 で、帰りの16日。台風で大荒れ。帰りの飛行機は羽田の最終便6時50分と思い込んでいる状態で、午後1時過ぎに仙台駅に行きました。すごい人です。やはり台風の影響でトラブっているようです。発券状況を見ると、指定席は満席で、3時過ぎのやつしか取れないようでした。立ち席はきついだろうということで、なんとか指定席を取ろうと3時過ぎのやつを自動販売機でポチッと、あれ?支払えない?どうもタッチの差で満席になってしまったようです。新幹線の自販機に不慣れでおろおろしていると、研究者仲間の一人が手伝ってくれて、ぽちぽちやってもらっていたら、なんと、急遽キャンセルで空いた1時45分頃のチケットが取れました!ありがとう!

 時間通りに出発。途中、とんでもない暴風雨を突っ切って、新幹線は台風を切り抜けました。どうもこれが3時ごろに仙台にアタックしたらしく、新幹線のダイヤが大幅に乱れたみたいです。1時台のに乗れてよかったー。

 羽田空港に着いたのは5時過ぎくらいだったかな?これまたえらい人の量です。発券・チェックインカウンターは長蛇の列。羽田空港が昼頃か閉鎖していたようで、復旧後のてんやわんやのようでした。自動チェックイン機でチェックイン!しようとしたところ、
「あなたの便はすでに飛びました」
というような案内が。なんと、自分の予約便は一本早かったみたいです。やばい!
ですが、大抵大学で出張を手配するときは、予約の変更が利く、ビジネスリピートというチケットでして、このすごいところは乗り過ごしても無料で予約の変更ができるところです。スマホでぴっぴと予約の変更をしようとすると、満席で変更できない。これはやばい。カウンターでキャンセル待ちの登録しなきゃいけません。

 幸運なことに、昨年なんとかプラチナ会員になったので、スターアライアンス会員専用カウンターに並ぶことができました。これがなかったら、一般のチェックインカウンターに並ばなければならず、最終便に間に合いそうもありません。ほどなくして、キャンセル待ちチケットをもらいました。これまた、プラチナ会員でキャンセル待ち一番でした。プラチナパワーすごいです。台風であきらめている人もいるだろうから、きっとキャンセル出ると思います、と窓口の方に言われて、かなり楽になりました。

 それからラウンジでゆっくりして、出発15分前に出発ゲートへ。そしたら、遅延で出発予定が8時になっていました。で、またまったりして、8時15分前に出発ゲートへ行くと、さらに遅延で8時半に。
 また待って、今度こそキャンセル待ちの案内がでました。キャンセル待ち一番でしたので、余裕でとれました。どうも高知便はキャンセル待ちが50人いたそうです。あとで聞いた話では沖縄便ではキャンセル待ちを100人で締め切ったとか。そこまでキャンセル待ちを受け付けるんですね。

 高知に着いたのは夜10時ごろ。家についたのが10時半くらいでしょうか?風呂入ってすぐ寝ました。大変疲れました。高知はすでにずいぶん涼しくなっており、秋の気配です。