読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いい天気

 今日、高知は肌寒い風がやや強いですが、いい天気です。空がきれい。
 昨日、同僚のところに学生時代の先輩だった研究者がやってきて、ついでにいろいろ話をしました。我が研究室のすばらしい研究環境を自慢したりしたのですが、嫌な顔一つせず聞いてくれました。楽しかったです。


 んで、今日、さっき、ぼけーっとしながらそのときの会話を反芻していたところ、ふと実験器の改善方法を思いついてしまったのでした。実験器には最初にオイルを注入するための赤い手動ポンプが付いているのですが、そのポンプのオイルを入れる容量が少なく、頻繁に補充する必要がありました。これが実験2回につき一回はやらなければならない作業で、一度実験器から外して、灯油の手ポンプを使って入れて、また実験器に付けるという、ややめんどくさいことなのです。実験器に注入したオイルはその先のオイル受けに溜まる仕組みになっています。このオイル受けから赤いポンプの補充口へホースを繋ぎ、循環システムにしてしまえば補充作業はなくなるのではないか!あー!俺すごいこと思いついちゃった!あー、空が奇麗だなぁ、先輩ありがとう!


 という話でした。