読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひさびさ

 1ヶ月ぶりのポストです。この一ヶ月,年度末から新年度にかけて,まま,忙しかったです。
まずは3月半ば,東北で構造地質部会の例会に参加してきました。東日本大震災を受けて構造地質ができることはなんだろうか?といった会合で,いろいろ勉強になりました。ちょっと被災地を見に行くこともできました。仙台空港の周辺もまだまだ爪痕が残ったままです。
 そのあと,大学の委員会,卒業式,宿舎役員引き継ぎなどがあり,週末は後輩の結婚式で東京へ一泊二日。後輩の結婚式は昨年地震のために延期になっていたもので,今年に無事開催できてよかったね!
 最後の最後,3月末に休日出勤の振替を使って家族で別府温泉へ旅行に行きました。新しいインプレッサ八幡浜からフェリーを使って,片道6時間。明礬温泉の泥湯や地獄巡りなどを楽しみました。
 4月は在来生オリエンテーションがすぐあり,新入生オリ,院生オリ,今年度から担当の学務委員仕事初めなど,こまごま新年度仕事がどっとやってきつつも,週末に学生のフィールドへ。10日から授業が始まり,早速朝一の担当。新年度教授会,新任教員歓迎会,コアセンターバーベキューなどなどイベントが目白押し。
 そんな中,今年の地質学会の巡検案内書リバイス(無事受理されましたが,ちょっと図面の直しが残っている。),昨年度の自己評価書類の作成,科研費の報告書作成,論文執筆,例会報告書執筆,など,合間を縫って,集中しなければならず,頭の中がこんがらがって文章もまとまらず,うんうんうなりながら書いております。
 最近どうも文章を書くのが苦痛になってきていて,以前のように自信満々にすらすら書くことができなくなってきました。
 というと,そういえば,昨年度の科研費申請書もずいぶん苦しんで書いたものだなぁ,と思い起こされるのですが,実は出来上がったものを見返してみると,
「なかなかよく書けているではないか,これは当たりそうな匂いがするぞ。」
と,心の中で静かに思っていた(りしていなくて,学生にはこれは当たりそうだと言っていた。)のです。
 で,先週末くらいに,業者がやってきて
「また,当たってましたよ,多分,ちょっとちゃんと確認してないんですけど」
と。そしたらその翌日に別の業者も
「今年科研当たってましたよ」
と言ってきたので,これは当たっているに違いないと思っていたところ,大学から正式に通知が来ました!また当たりました。結構でかいやつ。これはがんばらないといけないです。
 今年は卒論生がなぜか5人もいて,M1が一人,M2が二人,総勢8人の大所帯です。これまた頑張らないといけないです。