読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運動

 ゴールデンウィーク最後の二日間は家族サービスと運動で満喫しました。

 土曜日は市民図書館に行って貸し出しカードを作りました。嫁と娘は何度も利用していますが、僕は初めてでした。そのあと街でご飯を食べまして、そのあとパタゴニアの店でアウトドア用品を見て、家に帰りました。午後、娘は友達と遊びに行ってしまったので、自分はランニングをすることにしました。鏡川沿いを往復5km。暑くもなく寒くもなく、景色は美しい。気持ちよく走れました。件のcyclemeterでランニングも記録できまして、思わずツイートしてしまいました。走ったあとにこの記録をみるとかなり満足感があります。

 翌日の日曜日は娘と二人でお料理教室へ。行ったら男は僕と3歳くらいの男の子二人だけでした。パンを作るというので、娘は母の日にちなんでママの顔のパンを作ろうと意気込んでいました。だからママは来ちゃだめ、パパと行く、ということになりました。
 ところが、パンと言っても自由に形を作れるようなものではなく、いかに奇麗な団子の形を作るかというレクチャーがあるような丸いパンで、ママの顔を作ることはできませんでした。
 参加者アンケートの最後に自由書き込み欄があって、娘は
「ママの顔を作ろうと思っていたら別のパンだった」
と書いていました。

 午後は宿舎の役員による草刈りでした。来週、全居住者による草刈り大会があるのですが、その前に機械でもってある程度役員が刈っちゃいましょう、という企画です。首から下げ、長い棒の先に円盤カッターが回るエンジン草刈り機を初めて使いました。延々2時間弱、ぼうぼうと茂る草をばっさばっさ無心で切り刻みました。まったく清々しい気持ちになりました。昔、大阪で指導教員のやはり官舎のうしろの広場で、これがサッカーグラウンドの半分はあろうかという結構な広さがあるのですが、そこを延々と押して行く形の草刈り機で刈ったことがあるのを思い出しました。そのときの雑草もすごかったですね。
 夜、もう体の節々が痛くて、
「やっぱり草刈りは疲れるなぁ!」
と、嫁に自慢ゲニ言っちゃってたのですが、よく考えたら土曜日のランニングの筋肉痛が一日遅れでやってきたのでした。