読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘の成長

 明日は娘の幼稚園で表現発表会があります。学芸会みたいなやつですね。娘は演奏で大太鼓、演劇で魔女をやるそうです。大変楽しみです。パパはビデオ係です。
 演奏でなんの楽器を担当するかで紆余曲折があり、最初娘は小太鼓をやりたかったそうですが、じゃんけんで負けてできず、残り物のトライアングルになりました。娘はそれがどうにもくやしかったらしく、トライアングルなんかやりたくない!と家で泣きながら訴えまして、いや、トライアングルも一生懸命やったらおもしろいよ、とか、じゃんけんで負けたんだからうだうだ言うな!とか、なだめて励ましたり、しかったりしましたけども、ひょんなことから大太鼓に変更になり、やや満足したようです。
 うちの娘はなんかあまりものごとに執着心がなく、あまり自己主張するところがないような気がしていました。友達とおもちゃの取り合いになったり、遊びの提案をしたりしたときも、最初に引くのはうちの娘ですね。それがあまり無理していないようで、自然とあかるく元気にそうにしています。不思議です。
 子供の世界は生き馬の目を抜くような厳しさで、プリミティブな感情を剥き出しにした戦いがそこかしこで起こります。大人から見ると、そういう態度はどうかと思うのですが、子供同士の世界では、子供は非常にたくましく、めげずにというか、あまり理解してなくて、ダメージも少なく、その子も赦して、また仲良く遊んだりしています。おもしろいですね。
 辛いことも悲しいこともどんどん経験したらいいんだと思います。そうやって成長して行きますね!おもしろいです。
 4月から娘もついに小学生。幼稚園のイベントもあとわずかです。ホントいろいろ楽しみです。