大学のオンライン授業

 すでに今年も半分を過ぎました。前回のポストから1ヶ月半くらい。なにやってたんでしょうか?

 我が大学では5月中旬に一部対面授業が可能となりましたが、基本はオンライン継続です。先日、さらに緩和されまして、クラブ活動や出張が可能となりました。これで学生がようやく大学にそれなりに自由にくることができるようになりました。が、やはり対面授業は全面解禁とはなりません。というのも、三密を避けるために席を空けるので、全部の授業をこれまで通り行うことができないためです。ですので、実技を伴わない講義は引き続きオンライン授業となります。

 

 オンライン授業を意識したのは3月ごろです。以前から大学はオンライン授業用のシステムを準備してあって、そこに動画をアップして、学生がそれを見て、課題を提出するという一連の動作が可能となっています。全然使っていなかったのですが、一気に需要が高まりました。

 その頃は大学のオフィスでホワイトボードに板書する形を想定していて、普通のビデオカメラと良いマイクを入手して、とりあえず一本目をのんびり作りました。ところが4月の頭に在宅勤務となり、大学のオフィスのホワイトボードを使うことができなくなりました。そこから一気にyoutuberへの道へ突き進みます。

 板書の代わりに、iPad proとapple pencil。そのiPadの画面を画面収録機能で板書しながら、それと同時に一人でぶつぶつ説明する動画を別のパソコンで一人zoomで録画します。なぜzoomを使うかと言うと、バーチャル背景で古臭い自宅の背景を消すためです。その後、動画編集ソフトで板書と説明を合成して動画を作成しました。この動画編集ソフトはDavinci Resolveというとんでもない機能豊富なフリーソフトを使うことにしました。何度かやったのですが、どうも一人でPCに向かってぶつぶつ説明するのは気持ちが乗らない。ライブ授業を模索していました。

 Youtuberの間でライブ配信に使う有名なソフトでOBSというものがあることを知りました。これは動画スイッチャーみたいな機能が付いていて、複数のライブ動画ソースを合成してくれます。そのままyoutubeライブ配信する機能も付いています。とにかく、このソフトのライブ動画合成機能を使うことにしました。ライブ配信は大学内で閉じているTeamsのテレビ会議機能を使って、このOBSの画面を共有する形にします。自分の顔はPC備え付けのウェブカメラで、iPadの画面はキャプチャーボードを買ってPCに取り込みます。基本顔出しで身振り手振りや説明用の小物が映るようにしています。OBSにはバーチャル背景機能がないので、グリーンバックを百均のフェルトをつなぎ合わせて作りました。これをこれまた百均の洗濯物干し紐を部屋にはってつるしました。背景には私のお気に入りの露頭写真。マイクもちょっといいやつ。あと、youtuberがよく使っている丸い蛍光灯の顔あてライトも買いました。これでライブ授業の装備一式整いました。

 学生のネット環境によってはライブ授業に出られない子もいる可能性があるということで、OBSの録画機能で、ライブ授業を同時に録画しておきます。これを授業が終わった後にちょい編集し、大学のオンライン授業システムにアップします。Teamsの会議録画機能もあるのですが、画質がえらく下がるので使っていません。

 ということで、私の環境のライブ・オンデマンドオンライン授業のために使っているもの一式をリストアップ(上に書き切れていないものも含む)すると

iMac (母艦)高額

iPad 高額

Apple pencil 高額

iPadHDMIアダプタ

・マウス(iPad内のポインター用)

HDMIキャプチャーボード 1万2千円くらい

・マイク 1万円くらい

・マイク変換アダプタ(3極を4極に変換しないとiMacが認識しない)500円くらい

・円形ライト 3千円くらい

・グリーンバック 500円くらい

・洗濯物干し紐 100円くらい

iPadのノートソフト NotesWriter Pro 1000円くらい (気に入っている)

・OBS フリー

・Davinci Resolve フリー

・Teams (大学の契約)

・オンデマンドオンライン授業システム(大学独自のシステム)

です。

まー、いろいろ勉強しました。まずはDavinci Resolveの使い方が最初さっぱりわからず、youtubeで勉強。OBSの使い方も試行錯誤で勉強。大学のオンライン授業システムも最初は戸惑いました。Teamsの会議はZoomにそっくりなので、それほど難しくはありませんでした。私の方も少しずつ進化していきました。いまだにマイクのレベルの合わせ方がわかりませんが。

 

 

高等学校等就学支援金の受給資格認定について

 うちの娘がこの春から高校一年生になりました。

国の高等学校学費無償化の制度に則りまして、学費支援金の受給の申し込みをしました。ところ、「高等学校等就学支援金の受給資格認定について」という通知がきました。

 

で、

 

私の読解力で以っても理解できない文章が・・・。

曰く

「あたなに支給される高等学校等就学支援金は、上記の学校設置者である都道府県があなたが納めるべき授業料に係る債権の弁済に当てることになります。」

5回くらい音読しました。

主語らしき「は」一つ、「が」二つ。述語は「納める」、「係る」、「当てる」かな。うーん、わからん。ということで、通知の下にあった教育委員会の連絡先に電話して聞いてみました。ところ、翻訳していただけました。

 

「この支援金は、都道府県が持つ債権(お金を受け取る権利)の支払いに当てることになります。」が、主要な構文で、「その債権はあなたが納めるべき授業料に関係するものです。」という説明が間に入っているということだそうです。都道府県が「持つ」債権というふうにつなげることができませんでした。ちなみに私は債務(お金を払うべき義務)を負っているということだそうです。なんかね、なるほど、です。って、わかるわけないわ。わからなくて正解だわ。

 

二枚目は、支給決定通知書です。6月までの3ヶ月分。これは、市民税の納付額で受給資格の認定をしているためで、市民税の区切り時期が6月だからだそうです。7月以降は翌年の6月まで、改めて認定手続きがあるそうです。

 

三枚目は、無償化とはいえ授業料は消えて無くなった分けじゃない!という通知です。受給認定された人にもされてない人にもこの三枚目は配っている、と書いてあります。

 

四枚目は、高等学校授業料納入通知書で、どどーんと目立つところに大きく一年分の授業料が書いてあり、その下の文章の最後に、「関係する金融機関に納付してください」とある。

 

うーん、二枚目は受給額決定、四枚目に納付しろ、ということは、お金がもらえて、その金を自分で納付しろということかな?と思ったらそうではないらしいです。三枚目で無償化とはいってるけど無料になったわけじゃないということを強調するための四枚目だそうです。国から直接都道府県にお金が支払われるそうです。

 

ということが分かりました。親切な高校は、この辺の背景を説明する文章を添付しているところもあるのかもしれませんが、うちの娘の高校は不親切にもこの股裂のような書類群をしゃあしゃあと配っています。教育委員会の人がわかりにくくてすみません、と率先して共感してくださったので、気持ちよく電話を終わることができました。

 

最初の分かりにくい文章をググっても出てこなかったので、世の中には混乱している人もいるのではないかと思い、記しておきます。私はこういう行政文書に疎いので、完全に正しく説明できていないとは思いますが、私なりに納得したことを書きました。ご参考まで。

 

在宅勤務

 3月はのどかでありました。3月頭くらいから高知でも新型コロナの感染者が出始めました。さすがに繁華街に飲みに行くのは控えていましたが、まだ、研究室を実験室にあるエタノールで消毒して、部屋飲みをやってました。ニュージーランドに行く前に経路不明が明らかな市中感染が出ましたが、その後すぐは、まだクラスター対策がうまくいっていたのか、中国からの新型コロナの型が弱かったからか、第一波の収束が見えていました。そのまま、通常営業でした。

 が、4月に入って、おそらく3月連休の緩みか、ヨーロッパ型の新型コロナの流入かのせいで、第二波がやってきました。4月10日、とうとう高知の感染者が10人を記録し、これはいかんということで、本格的に在宅勤務に移行しました。

 4月の新入生対応が混沌としていた時で、大学の対応もちぐはぐでした。オンライン授業になりそうだ、といいつつ、ネット環境の悪い学生にはネット部屋を提供するという話でした。それが、一気に変わりました。

 ということで、4月11日から在宅勤務で、今日で18日目となります。

 ほとんど家から出てません。ランニング、買い物、オフィス物品の搬出、一人ツーリング、で、まぁ、合計でも7時間くらいしか家からでてません。

 オンライン授業の作成、学生と論文輪読、研究打ち合わせ、論文執筆、オンライン会議、メール会議、なんでも家の書斎?でできます。問題は実技を伴う卒論修論指導で、こればっかりはほんとなかなかできません。

 高知の第二波もなかなかに収束の気配が見えてきた昨今ですが、なんと大学は夏休み明けまで基本在宅勤務を決定しました。卒論修論は原則禁止。前期はすべてオンライン授業。うーん、どうしたもんでしょう?私はいいんですけどね。意外と仕事捗ってます。状況によっては段階的に対応を緩和するとのことです。が、こうとなっては学生は実家に帰った方がよいのではないか?とも思います。特に新入生。部活もない、卒論もない、就活もない。友達を作る機会もないまま自宅待機とはかわいそうすぎる。

 学費をオンライン授業にのみ払う。納得いかない気持ちはわかります。実際は、学費だけでは大学は廻らず、税金が多く投入されており、学生の学習は国民に支えられています。今回の件は大学に瑕疵はなく、契約違反とは言えないとの説もあります。とはいえ、国立大といえど学費は安くない。ヨーロッパと比べて日本は大学の学びを軽視する傾向があります。アカデミアを国が支える、芸術を国が支えるという視点が日本は弱い。比較の問題ではありますが。他国の状況を知っていると、日本の学びは自己責任が強すぎる、気がします。

言わずもがななのですが

 昨日久々にポストしましたが、そういえば、その前のポストで3月にニュージーランド行くとか、書いとりました。もちろん中止です。新コロナウィルス の影響です。まったくもって状況が一気に目まぐるしく変わりました。特にヨーロッパ。

 実際、結構ギリギリまで行く気満々でした。3月14日に出発の予定で、私がキャンセルを決めたのは3月9日でした。しかし、その時でもニュージーランドの会議自体は開催予定でした。

 シップメイトに久々に会えるし、研究結果の議論もしたい。ものすごい行きたい気持ちでいっぱいでしたので、本当に苦渋の決断でした。なぜ、その苦渋の決断をしたかというと、前日に高知市内でまったく経路不明の市中感染が発生したからです。その頃高知で発生していたのは他県から持ち込みで経路がわかっている人(だと思っていたけど実際は違った)だったのですが、ついに感染経路不明が出た、と。欧米のアジア人差別も発生していました。日本はニュージーランドから入国拒否は受けておりませんでしたが、行ったら行ったで心証悪いんだろうな、ということで、キャンセルしました。

 すぐキャンセル手続きを行うも、格安航空券の旅行会社も大忙しらしく対応が滞り、ぎりぎりでキャンセルできるも、全額キャンセル料かかるということで、まるまる支払う羽目に。ホテルも新コロナのせいだからキャンセル料ゼロにしてとお願いするも、少なからず払うことになりました。このキャンセル料は研究機関がサポートしてくれました。

 その後、欧州でも感染が拡大し始めました。しかし本当にぎりぎりまで開催予定で、参加できない人はポスターの電子ファイルだけ送ってくれ、という依頼に対応するも、とうとう最後の最後で会議自体が延期となりました・・・。まぁ、ある意味、よかった。のかな?

 4月下旬の欧州地球惑星学会は中止、行くつもりはなかったけど共著で講演のあった5月韓国のアジアオセアニア地球科学学会中止、5月下旬のアメリカ地球惑星学会と日本地球惑星科学連合学会合同学会はなんとオンライン開催を模索中。

 といった感じです。

 

 新コロナウィルス の影響は凄まじいものがあります。世界中ですでに多くの方がなくなっています。また、経済的に破綻する業種、あるいは少しの減収が致命的になる弱者の生活保障が急がれます。このような濃い陰の一方で、微かな光があるとすれば、手洗いマスクのおかげでインフルエンザの死亡者が激減した、リモートワークが推奨され、オンライン会議で効率性が上がった・・・。割りに合ってないな。全然光が足りませんが、陰刺す光も見ないとやってられん、という他ない。早く世界が元どおりになることを祈ります。戻ったらいっぱいお金使うぞー!

新年度新コロナ

 新コロナウィルス の影響が大学に直撃しております。大学だけじゃなくどこもかしこも大変なことになっていると思います。私の関わっている大学からみの対応も、全国的にどこも似たような感じなのではないかと思います。

 3月中までは、ほぼほぼ普通に過ごしておりました。飲み屋に行かないくらいでした。高知ではしばらく新たな感染者も出ず、新コロナ慣れしつつありました。

 不思議なことに、オリンピック延期が決定した後に、感染者数が急に増加しています。陰謀論もありますが、私は3月の3連休のゆるみが顕在化したためではないかとも思います。

 で、新年度の大学の対応についても、その頃に方針を一度立てたのです。高知大学は2割が県内出身で8割もの多くの学生は県外出身。新年度は全国から帰省していた学生が大挙して戻ってきます。当初は4月の24日に授業開始となっていたのが、そのコロナ慣れの時期に重なって、4月17日授業開始と変更になりました。

 とはいえ、春のオリエンテーションや健康診断は実施せざるを得ない、と。どこか矛盾しておりますが、どうにもほっておくわけには行かない。特に新入生は履修登録の仕方を説明しなければならない。履修登録はオンラインで、パソコン配ってウィルス対策してシステムに登録しなければならない。これを対面なしでやるのは非常に難しいです。とはいえ、3月中旬くらいまではどこかのんびりムードでした。

 ところが、3月下旬から全国的に感染の第二波がやってきて、急速に広がっていきました。2倍になる日数が3月中は10日くらいかかっていたのが、今は4−5日で、ヨーロッパの爆発初期と似通ってきているとのことです。

 ということで、17日の授業開始以降もゴールデンウィーク明けまで対面授業は禁止となりました。とにかく授業は開始せよとのことでした。課題を与えるか、オンライン動画を作れ!とのことです。技術習得の実習授業は延期。

 ヨーロッパで感染急拡大のころの3月上旬にドイツ人大学教授の友達とメールでやりとりしたときに、ドイツでは新学期の授業はすべてオンラインだ、と言っていました。なるほどな、私もやってみよう、と思いまして、動画をちょろちょろ撮り始めました。実はオンライン授業のための動画作成には以前から興味を持っておりました。出張で休講にしても補講しなくて済むからです。私の授業は古い形式で、板書しながらノートを取ってもらって、身振り手振りをつけてのんびり喋るので、顔出しでやってます。恥ずかしいです。

 これを大学のオンライン授業システムにアップロードすればよいようです。すごい便利!動画再生だけしてどっか行っちゃってもわからないので、取ったノートを電子ファイルで提出する課題をセットでつけています。

 とりあえず、1回目の授業は完成しました。ほぼ90分のしゃべりと板書の授業。おっさんがひとりで喋っている授業動画に学生は耐えられるのでしょうか・・・。ほぼほぼ無編集なのですが、ちょっと詰まったところなどはカットして、とかだけでも一応確認のために動画を見なければならないので、すごい時間がかかります。間違ったところカットしてないかな、の確認のためだけです。

 ですが、良い機会です。これで来年以降、心おきなく出張できる、かな?あと、14回分作らねばなりませんが・・・。