北海道胆振東部地震:札幌で旅行者被災メモ1

 台風21号を避け先週9月3日(月曜日)に札幌入りしました。9月4日(火曜日)夕方の共同研究打ち合わせと業界情報交換、9月5日(水曜日)地質学会の午前中の発表のためです。9月4日(火曜日)高知発の当初予定していた便は予想通り欠航。台風は9月4日深夜に札幌に暴風雨をもたらしましたが、夜のうちに一気に通り過ぎて9月5日(水曜日)の地質学会は無事開催されました。

 9月6日(木曜日)深夜、大通り付近のホテルの12階、ベッドで就寝中に地震発生。縦揺れの時点で目覚める。長い縦揺れの後、ゆったりとした横揺れ本震が長時間続く。震源地は遠いと判断。ホテルの内線アナウンス。地震が発生したが建物には耐震設備があり問題ない、とのこと。部屋に被害まったくなし。数分後停電。非常電源に切り替わり、常夜灯のみとなる。

 翌朝7時ごろ?昨晩に買っておいたパンとコーヒーで朝食。停電継続中。天候は晴れ。気温は20度より低い程度。ガラケーワンセグNHKを見て情報を得る。周囲の信号機は停止中。スマホツイッターなどでも情報収集。家族グループラインに無事を報告。

 セブンイレブンのレジが動いている。コンビニに長蛇の列。信号機が動いていないので不要不急の外出は避けよ。世耕大臣が2時間で電力回復しろと北電に指示。

 この時点で飲食料はサッポロクラッシク500ml、ピリ辛ベビースターラーメン(昨夜追い酒しようと買ったが疲れて寝ちゃった残り)とカリカリ梅一袋、バッテリーはフル充電済みのモバイルバッテリーと母艦のMacBook Proに85%、ホテルの水は出る。現金は4万円ほどあった。すぐ電力回復するかもと、様子見を決め込む。

 ホテルの非常電源があと30分で切れるとの放送。スプリンクラーなど防火設備も止まるので部屋で火を使うなとのこと。英語でのアナウンスも良かった。

 9時ごろ、停電継続中。ツイッターで電力回復に2、3日かかるかも、という根拠のない情報発見。しかし可能性として否定しないほうがよいと判断。ホテルのバスタブに水を貯める。その後、苫東厚真火力発電所の不具合が発覚し修復の見込みなしとの情報。

 外出して食料の確保に動く。12階から階段で降りる。5階くらいから下は窓がなく非常灯もない真っ暗な危ない階段だった。初期はホテルの懐中電灯が置いてあったが、数時間でバッテリーが切れたのか、なくなっていた。

 目の前のローソンがやっている。(多分バッテリー駆動の)バックヤードのハンディ端末による会計。一人4点までとの制限。リンゴジュース1リットル、カップラーメン3つを購入。カップラーメンは多く残っていた。水カップ麺にチャレンジするつもりで購入。

 大通公園反対側のセブンイレブンも空いていた。すぐ飲む用のジュースとカップ麺、チョコレートなどを購入。ここは点数規制していなかったが、なんとなく4点のみ。レジの人によると、午前中でレジのバッテリーが切れそうとのこと。電子マネーで決算できた。

 この時点でだいぶ気が楽になる。2日くらいは停電でもホテルでやっていけそう。

 大通公園のベンチで休憩。札幌北区に住む兄に電話。無事とのこと。停電のみ問題。水ガスあり。長引きそうだったらお世話になるつもりと伝えた。

 大通り付近では11時くらいにスマホの通信状況が悪くなり、昼前には切れた。スマホ電波塔のバッテリーが切れるとの情報があったなぁ。学会の情報が取れなくなる。停電ならやらないはず。

 ホテルに戻ると断水。危なかった。水カップ麺を食べる。

 引き続きガラケーワンセグで情報収集。スマホは電波が通じなくなったがガラケーは電話もできた。妻と電話。ガラケーいいわ。苫東厚真以外の発電所から融通し、今日中に240万キロワット程度回復する見込みとのこと。

 3時ごろ、また買い出し。向かいのローソンはハンディ端末がバッテリー切れで、紙ベースで会計やっていた。ありがたい。飲み物とチョコレートを買う。

 周辺を歩くと北1条あたりで信号回復していた。日本経済新聞のビルのファミマは煌々とやっていた。他の人に回したほうが良いと思い、何も買わなかった。ビルロビーでテレビ放映とスマホの充電サービスをやっていた。

 ホテルに戻り、引き続き情報収集。すると、ホテルマンが部屋までやってきて曰く

「一旦お客様全員には下に降りていただいて、キャンセル処理をさせていただいております。」

という、責任放棄のお言葉。

「電源が回復すれば、炊き出しは行います。」

「電気も水も止まっていますので、お客様に不便をさせてしまう。」

「ロビーにいるのは構わないが特に次の誘導の予定はない。」(すでにロビーは人だかり)

「本日夜と明日は営業停止を決めており、2階以上の客室には責任を取らない」

とかいう。

こちらは2日くらいは停電断水のホテルでやっていくつもりだったので、

「水もためてあるし、食料も確保した。自分の部屋にいるのがもっとも安心でストレスがない。ロビーで待たせるとかおかしい。とにかく出ていけということか?」

と問うと、ホテルマン曰く

「わかりました、上のものと相談してきます。」

といって折れていった。最後のこの一言まで結構上記のことを繰り返しやりとりした。

 こんなホテルにはいないほうがよいと思い、兄の家に転がり込むことにした。日没が迫っており、移動するなら日のあるうちがよい。兄に電話するも通じない。電波が切れているのかもしれない。

 とにかく暗くならないうちに移動するべき。兄と連絡がつかないが行くだけ行くことにした。もし兄と会えなくても隣に小学校があるので避難所に入れると考えた。

 兄の家までは徒歩40分ほどである。

 タクシーは予約を表示して走っており、全く捕まらない。駅前に出るとタクシーを待つ長蛇の列。タクシーを諦めて歩く。駅で偶然知り合いの研究者と遭遇。駅前のホテルは夕方に電力回復したとのこと。食料ちょっとおすそ分けした。

 北13条あたりで札幌の友人からガラケーにSMS。返信するも届かなくなっていた。ガラケーの電波が切れる。その後すぐに偶然流しのタクシーを捕まえた。もうちょっとのところだったのだけれども、食料と着替えと仕事道具を抱えて歩いていて心が折れかかっていたので助かった。すぐ兄のマンションに着く。

 非常階段の入り口に鍵。偶然住民と出くわして、中に入れてもらった。兄の家のドアを叩くもしばらく反応なし。まさか避難所行ったかな?と思ったところで、出てきてくれた。兄はバッテリー節約のために機内モードにしていた。通じるわけない。

 お湯を作ってもらってあったかいどん兵衛を食べる。ガラケーは通話電波は切れたが、ワンセグは見れる。なぜか北区はスマホの電波が通じた。

 持ち歩いていたサッポロクラッシックとチョコレートで晩酌。スマホのライトに水を入れたペットボトルを置いてランタン。で寝た。

 翌朝、兄の家では電気回復。北区の回復はまだら模様とのこと。

 

つづく

バドミントンのためのストレッチと筋トレと平常心

 ほぼほぼ平日は毎日昼休みにバドミントンを楽しんでおります。ちょっとずつ上達している感じはしているのですが、一進一退で、調子のいい時もあれば悪い時もあるようなないような、気がします。いつも同じミスをしてしまうとか、苦手なコースはいつも取れないとかもあります。はたまた、今日はレシーブがよかったとか、カットがよかったとか、という印象を持ったりもします。あきらかにバックの返しが上達しているのは感じます。なので、ちょっとずつ苦手を克服しつつも、それがうまく行くときと行かない時があったりして、上達はしてるんだけど、満足にはほど遠い感じです。

 最近は腰を痛めたり、肩こりがひどかったり、どうも疲労がたまりやすくなっているように感じます。仕事のしすぎではなくて、バドミントンによる疲労と思います。これはいかんということで、最近ストレッチをはじめました。私の体の硬さは折り紙つきで、前屈やってつま先に指先が全く届きません。youtubeでストレッチの動画を見ると、どうも骨盤を立てるということができていないようです。普段の仕事中の椅子の座り方が悪かったようです。よくある踏ん反り返るような座り方をしておりまして、これがよくないみたい。私のような中年のお腹の脂肪がたまりやすいのもこの姿勢のせいでしょう。最近は椅子のリクライニング機能を使わないで、前かがみで座るように心がけています。

 また、最近バドミントンのラケットを新調しまして、ややトップヘビーのスマッシュが速くなるやつに変えました。これが大変よく、もっとパワーが欲しくなって来たので、筋トレも始めることにしました。スクワット、腹筋系をやってみると、これらの筋肉は十分あるようで、そこそこ力強くできることがわかりました。しかし、胸筋、背筋系はまったく力が入らずまだまだでした。この胸筋、背筋のトレーニングをこれから頑張っていこうかと思っています。

 はたまた、最近はyoutubeでバドミントンの国際試合ばっかり見ているのですが、面白いことに、プロの選手でも意外や凡ミスが多いというか、チャンスボールでネットにかけたりするもんなのですね。ど素人の我々は、ほんとよくチョンボをやってしまうのですが、一番悲しいパターンが絶対決めるべき甘い球に慌てて対応してミスるやつです。甘い球の誘惑ってすごいです。相手も、しまったー!甘い球あげちゃったー!と思って強張って強い返球に対応しようと身構えます。そうすると、こっちがミスってラッキーみたいになります。あー悲しい。プロの選手でもやってしまうこの凡ミス。バドミントンに限ったことではないと思います。これは、人間の欲望に潜む闇深い落とし穴なのです。我々はこの闇の淵を凝視しなければなりません。そして平常心を鍛える必要があるのです。

 と言った感じで、柔軟性とパワーと平常心をもってバドミントンに取り組もうと考えております。きっと日常生活にも生きてくることでしょう。さらに最近は薄毛を気にして高級育毛剤に手を出しました。薄毛と中年腹を気にするお年頃。平常心と言いながらそんなこと気にしているなんて矛盾している?バドミントンの上達を目指して前向きな努力と薄毛の克服を目指す努力は、相反しているのでしょうか?どうなんでしょうかぁぁぁああ?

これまでいろいろ

 久々のポストです。この間いろいろありました。下船して2週間後くらいに国内の学会、その1週間後にハワイの学会に参加しました。両方の学会で乗船仲間と再会しました。業界狭いです。その後、父親を高知へ呼んで、松山のばぁちゃん家でまったりしてきました。

 仕事はまぁまぁ忙しいです。普段ですと自宅に仕事をあまり持ち込まないのですが、ちょっと家でやる仕事もありました。なんかいろいろ締め切り多かった。

 そのうちの一つは、地質学会の要旨の締め切りでした。データ解析していない段階で共著者への共著のお願いをし、結果が出たのが締め切り三日前の朝。その日のうちに要旨を書いて、夕方共著者へ送ったところ、なんと速攻でチェックしてもらって、翌日締め切り1日前に出せました。

 卒論生は5名おりますが、みな良いところに就職が決まったそうで、そろそろ卒論に本腰入れてもらいたいところですが、出だし悪いです。春に自分がいなかったのが結構影響しているような気がします。先輩もいないし。7月勝負ですね。

 行ける時には元気に楽しく昼休みのバドミントンをやっております。昨日は調子悪かったー。で、終わったところで腰が痛くなりまして、午後、腰を曲げてそろりそろりしか歩けなくなりました。帰りにドラッグストアで腰のサポートベルトを買いました。今朝起きてすぐもほとんど変わらず痛かったのですが、学校に来てからちょっとずつ良くなっているような感じです。

 今日の夜は市民講演会で公演する予定です。元気いっぱいやらないと、面白さが伝わらないので、腰の痛みがもっと取れてくれるのを期待しています。

無事帰国しました

 日曜日に無事帰国しました。夕方成田についてすぐに東京へ。東京で働いている卒業生と飲みました。卒業以来数年ぶりにあった元学生もいて、ずいぶん体型が変化していましたが、元気そうにやってました。上司に気に入られているとのことで、仕事自体は順調そうでしたが、待遇面に難ありとのことでした。みんないろいろ大変そうでしたが、前向きにがんばっていて、頼もしかったです。

 で、月曜日に高知に帰って来ました。月曜日は全く何もせず。昼にうどん食べて、夜にほっけの焼いたやつを食べました。火曜日に初出勤。大学システムが新しくなっていて、浦島状態からの出張手続き、学生への連絡、溜まっていた郵便物の整理など。水曜日に会議二つ、学生面談。木曜日にバドミントン復帰、新年度初授業。で、本日にいたります。

 下船してからすぐビール飲んで、レセプションパーティーからの街飲みへ繰り出し結局現地時間の夜11時ごろまで。かなり楽しかったです!翌日早朝ふらふらの状態で空港へ行って、飛行機の中ではほぼ寝れず。日本でもあまり寝れず、日本国内線も早朝で、すっかり疲れた状態で高知に戻りました。しばらく時差ボケがとれませんでしたが、昨晩ようやくちょっと調整が効いてきました。といっても夜10時に寝て、朝3時半に目がさめるような状態です。体調良くない。ですが、今日も元気にバドミントンやります。

 再来週からの学会準備と、一本論文レビューが明日締め切り、船上の論文読んでコメント、船上でリジェクトくらった自分の論文の修正などなど。明日は、ある高知の企業の歩け歩けイベントで、地質の説明案内仕事がちょっとあります。日曜日にやっとこのんびりできるかな。昨日早くもサンプルが届いたので、来週からそろそろ処理を始めましょう。

 ずいぶん前に投稿していた米国人との共著論文が受理されたとの通知がおととい来ました。私の貢献はずいぶん少ないのですが、共著に入れてもらって大変光栄です!この筆頭著者は8月にポストクルーズミーティングで日本に来るそうです。巡検が高知でありまして、私も混ぜてもらう予定なので、そこで再会できます!

いよいよ下船

 おととい最後の試料記載が終わり、オークランドへ向けて帰路につきました。1.5日の予定をのんびり2日かけて帰ることになりました。いよいよあと数時間後に下船です。現在はオークランド目前の湾内に入ったところです。朝6時にパイロットステーションで浅瀬の水先案内人と待ち合わせしているとのことです。

 この二ヶ月間は長かったかなぁ。ドイツにほぼ一年いた時はほぼ苦痛なく楽しく過ごせました。2ヶ月なんてあっという間と思ってました。ですが、さすがに船上生活で仕事にどっぷり毎日12時間となると、疲れますね。今回で米国船長期研究航海は3回目なので、これまでよりはかなり快適に過ごせました。

 料理が前々回、前回よりもますます良くなっており、日本から持ち込んだ食べ物はほとんど使いませんでした。ふりかけ3回程度。味噌汁は全く飲みませんでした。食べ物大切ですね。今はものすごくラーメン食べたいですけども。

 やっぱり、仕事上、サイエンスの議論は白熱しました。これがまぁ、レベルが高くて通常であれば楽しい議論だと思うのですが、2ヶ月も船上で缶詰になると微妙な好き嫌いが出て来ちゃうのか、サイエンスの議論の中身よりも、人間関係のギクシャクが先に立つような場面も少なからずありました。しかし、事実に基づいたロジックが最も優先され、一旦美しいモデルが提案されると人間関係を超えて協力し始めます(一部そうでない人もいる)。面白いです。みな優秀ですわ。

 入国審査をしてホテルへのバスが出るのが11時とのこと。夕方には次の航海のメンバーとレセプションパーティーがあります。その前から飲んでると思います。

 明日の朝一で飛行機に乗って、日曜日の夕方に日本に着く予定です。東京一泊トランジットで、高知に帰るのは月曜朝です。とりあえず、日本に帰ったらラーメンかな。東京では研究室の卒業生たちと業界の情報交換をする(飲みもあるかも・・・、というか)予定です。